頚椎症性脊髄症、頚椎症性神経根症

・頚椎症性脊髄症、頚椎症性神経根症とは、どういう病気ですか? 何が原因でしょうか?
・頚椎症性脊髄症と頚椎症性神経根症では、どのような症状が見られますか?

・頚椎症性脊髄症と頚椎症性神経根症の診断には、どのような検査が必要でしょうか?

頚椎症性脊髄症と頚椎症性神経根症の治療には、どのようなものがありますか?

頚椎症性脊髄症、頚椎症性神経根症とは、どういう病気ですか? 何が原因でしょうか?

首のほね(頚椎)を簡単に書くと下のようになります。(せぼねのつくり 参照)

正常の頚椎を横からみた図
正常の頚椎を輪切りにした図

ブロック状の骨(椎体)と、クッションとなる軟骨 (椎間板)が重なって、柱のようになっています。その後ろに骨の輪(脊柱管)があり、中に神経の束(脊髄)が入っています。各々の骨の段ごとに、神経の束から左右2本ずつ神経の枝(神経根)が生えています。

頚椎症とは年齢、または長年の負荷により変形した椎間板、椎体、黄色靭帯などが神経を圧迫している状態です。 圧迫がある程度の限度を超えると、様々な症状が出てきます。

脊髄が圧迫されている病気を頚椎症性脊髄症、神経根が圧迫されている病気を頚椎症性神経根症、と呼びます。

頚椎症患者の頚椎を横から見た図。
骨棘や黄色靱帯などにより脊髄が圧迫されている。

頚椎症性神経根症の患者の頚椎の水平断面。
骨棘により神経根が圧迫されている。
頚椎症性脊髄症の患者の頚椎の水平断面。
骨棘や黄色靱帯などにより脊髄が圧迫されている。

頚椎症性脊髄症と頚椎症性神経根症では、どのような症状が見られますか?

1.頚椎症性脊髄症

首から腕、および手の指に痛みや痺れが見られます。細かい作業が難しい (ボタン掛け、箸の使用)、歩きにくい、 などの症状が見られます。

2.頚椎症性神経根症

肩から腕、手の指にかけて、電機が走るような痺れや痛みが見られます。

頸部の後屈(上を向く動作)により、神経根への圧迫が強くなるため、痛みが激しくなります。

手を上げていると、腕から手にかけての痺れや痛みが楽になります。(脊髄神経による痛み、痺れを参照)

頚椎症性脊髄症と頚椎症性神経根症の診断には、どのような検査が必要でしょうか?

まず、診察の段階で運動および感覚障害など、神経の症状がないか確認します。

ものをつまみにくい、ボタンを留めにくい、歩きにくい、階段を降りにくい、などの脊髄症状、または腕から手にかけての痛み・痺れなどの神経根症がないか、症状を詳しく問診します。

腕の筋力、感覚(触覚や痛覚)、腱反射などの異常がないか確認します。

診察の結果、頚椎での神経症状を疑われた場合には、頚椎のレントゲン、CT, MRI検査などを行います。

頚椎症性脊髄症と頚椎症性神経根症の治療には、どのようなものがありますか?

1.薬物療法

症状が痛みや痺れだけの場合には、まず内服治療を行います。

神経障害性疼痛(神経が原因での痛み)に効果のある薬などを処方します。

2.ブロック治療

神経根ブロックエコーガイド下神経根ブロック

神経根症状の患者さんに対して行います。

エコーで神経の枝(神経根)を確認しながら、その近くに麻酔薬を注射します。

麻酔薬は歯医者さんなどで使われるものと同じであり、麻酔薬そのもののの鎮痛効果は一日で切れます。しかし、神経根の周囲の炎症を抑える、また痛みの悪循環を止めることにより、鎮痛効果が続く場合があります。 → 詳しくはこちら

経椎間孔頚椎硬膜外ブロック

脊髄症による痛み、痺れに対して行います。

→ 詳しくはこちら

3.手術治療

薬物療法やブロック治療などで痛みや痺れが治まらない場合や、筋力低下が見られる、手や足に使らが入らない、細かいものを指でつかみにくい、などの症状が見られる場合には、内服治療などでは不十分と考えらえるため、手術を御相談します。

方法は大きく分けて2通りあります。

首の後ろ側から行う頚椎椎弓形成術内視鏡下椎間孔開放術、首の前の方から行う頚椎前方固定術、等があります。

病状に応じて方法を決定します。