ブログ

日常の診療の中で、考えていること、気づいたことを書いていこうと思います。

ブログ

腰部脊柱管狭窄症と診断されました。手術はあまり受けたくないのですが。

変形して物理的に狭くなった脊柱管は、その後、広がることはありませんが、症状が急激に悪化することも殆どありません。足の筋力が低下する場合がありますが、歩けなくなるまで放っておく方は殆どおられず、その前に手術を検討されます。尿や便が出ない、または我慢できない、という症状は、神経への圧迫が相当強いというサインです。急いで専門医の診察を受けてください。最近は、内視鏡手術のような、体に負担の少ない方法も発達していますので、年齢などを理由に手術を迷われるような方も、症状が強いのであれば、もう一度検討されることをお勧めします。
ブログ

脊椎の手術予定の方へお願いしたい、3つの準備とは?

手術が決まってから、実際の手術の日までに、患者さんにも準備できること、準備して頂くことがあります。禁煙、禁酒、減量、です。治療のリスクを、たとえ0.1%でも下げるためでも、努力して頂く価値はあると思います。
ブログ

首と腰の病気の方に、注意してほしいことは? 

脊椎疾患の治療は、内服などで始まることが多いですが、飲み薬で症状が緩和されていく方もおられる一方で、一部の方は手術が必要になる場合もあります。治療が始まったら、出来るだけ脊椎に負担をかけない、これ以上悪くしない、という意識を持つことがとても大事です。そのために、姿勢の改善、減量、禁煙を頑張ってください。
ブログ

脊椎内視鏡手術が役に立てる状況

脊椎疾患の患者さんに軽度の認知症があると、外科治療を行うべきかどうか、悩ましい場合があります。内視鏡手術は、体に負担が少なくて入院も短期間であり、状況によってはお役に立てる治療法だと考えます。
ブログ

「家族の介護で長期入院できない」こういう方こそ脊椎内視鏡手術を 

脊椎疾患で入院治療が必要なのに、御家族の介護や看護のため長期入院が出来ないという方には、短期の入院で治療が可能な脊椎内視鏡手術がお勧めです。