エコーガイド下 腰椎神経根ブロック

当クリニックでは、腰椎神経根ブロックを、放射線被爆量を減らすことを目的に、エコーの機械を使って行っています。

適応

腰部脊柱管狭窄症腰椎椎間板ヘルニア等による痛みの治療に行います。

方法

エコーで腰椎の棘突起、横突起を確認します。

横突起の根本に近いところへ、エコーで見ながらブロック用の針を進めます。

神経の近くに針が入ったことを、レントゲンで確認します。

エコーを併用することで、透視装置からの放射線被爆を抑えてブロック治療が出来ます。
エコーを使ったブロックでも、透視装置を使った方法と同じように、神経に直接針を当てる方法は使わないため、かなり激しい痛みを伴うことはありません。針を当てずに神経のすぐ際に薬液を注射する方法で、安全に十分な鎮痛効果を得られます。

所要時間:10分程度

安静時間:20-30分程度

ブロック治療
大阪市東淀川区 上新庄駅南口から徒歩3分/内環状線沿い 「よしむら脳神経・脊椎外科クリニック」頭痛、手足のしびれ、ものわすれ、首・腰の治療、脳卒中の予防 MRI
Web予約
手術・治療の
ご相談
06-6476-9742
休診:日・祝祭日